FC2ブログ

Entries

しなの鉄道撮影行

旅行日:平成30年7月26日
 今回は珍しくやつるぎ君とのドライブ企画だ。
 彼の志向である(のかはっきりしないが)撮りテツと私の志向であるドライブを組み合わせ、大井川方面に行く計画を立てていた。
 が、静岡県内は雨の予報になったので、天気の良さそうな長野県方面に変更。それが前日の夕方に決まったので、かなり慌ただしいスタートとなった。


 都心を避けて圏央道を利用したかったので、やつるぎ君のピックアップは京王線の高尾山口駅に7:15。が、厚木市から相模原市にかけての渋滞がひどく、15分ほど遅れてしまった。朝早いせいか、きょうは天気が悪いためか、駅前には登山者の姿もなく閑散としていた。

 高尾山ICから圏央道・関越道・上信越道を北上し、9:30頃に佐久ICを流出。晴れの予報が出ていた佐久地方だが、雲が多くて浅間山も隠れている。
 最初の狙いはスカ色とも呼ばれる横須賀色。朝に一往復だけ軽井沢まで入る運用があったので、それを浅間山バックで狙いたかった。だが、この空模様では無理なので、私が地理院地図で検討をつけたポイントまでクルマを停めて歩いて行った。
 
金網ごしに縦構図で2632M 平原・御代田間
IMG_2871_20180806220407497.jpg

 この列車が軽井沢まで行って戻ってくるまで1時間ほどあるので、時間を潰さねばならない。きょうは待ち時間が多そうだ。
 先ほど御代田駅の辺りをウロウロしている間に見掛けたパン屋が気になったので、そこに入ってみることにした。人口のさほど多くなさそうな街であるが、大いに賑わっていた。
 このあと昼食も待ち構えているので、私はアップルパイ1つだけを賞味。広くとられたカフェスペースではコーヒーが無料で飲めた。

御代田町の「ココラデ」
IMG_2873.jpg

撮影合間のおやつにアップルパイ
38678802_1672491272879577_3194507197711122432_n.jpg

雲がなければ浅間山の眺望が良さそう
IMG_2872_20180806220315f36.jpg

 美味しい時間つぶしができたところで、先ほどとは別のポイントへ移動。今度はやつるぎ君がネットで調べてくれた場所で、上信越道に並行した跨線橋だ。
 浅間山の麓を刻む細い谷の中を線路が通り、脇には田んぼが並んでいたので、それを取り入れる構図にしてみた。

橋の銘板には「信越本線」
IMG_2874_201808062203184b1.jpg

手前の田んぼを取り入れて2641M 御代田・平原間
IMG_2879_201808062203193be.jpg

 次は一気に転進して北しなの線の沿線に向かう。この日のしなの鉄道の日中の運用は、復刻塗装は1本がしなの鉄道線、2本が北しなの線に入っている。
 が、その前に昼食だ。小諸駅前の「草笛」で蕎麦を食した。

昼食は「草笛」のしっかりした蕎麦をかき揚げ付きで
38709877_1672491306212907_448111186580340736_n.jpg

 小諸ICから上信越道を一気に信濃町ICまで進む。今回は先月も利用したNEXCO東日本・中日本の「2018信州めぐりフリーパス」を申し込んできたので、長野県内ならば高速料金の心配はない。
 善光寺平は気温が高く、路温計は32度くらいまで上昇したが、飯山ICから登りにかかると30度を下回った。
 目当ての列車までには時間があるので、野尻湖に寄り道。まだ出会ったばかりだった10年前の夏、やつるぎ君を含めて来たことがあり、思い出深い地ではある。決して涼しくはないが、風が心地よかった。

連日猛暑の神奈川県からすると別天地のような野尻湖
IMG_2883_20180806220321312.jpg

 時間が近づいたところで、目的のポイントである国道18号旧道の跨線橋に移動。黒姫山ないし妙高山バックという私のリクエストにやつるぎ君が検索した場所で、何かで見たことのある有名ポイントであった。しかし、眩しいばかりの逆光だった。

黒姫山のシルエットを背景に334M 黒姫・古間間
IMG_2890.jpg

 続いては反対方向から湘南色が来る。今の場所が真逆光に近かったから、線路が同じ方向を向いている場所であれば順光になるはずだ。
 そのような条件で「地理院地図」を辿り、古間集落の東側辺りに目星をつけた。北国街道の宿場町であった古間宿と、古間駅は2キロ近くも離れている。暑いので時間までは車内で待機。この手はあまり使いたくなかったのだが…。
 写した写真は確かに順光だが、列車の側面が翳ってしまった。なかなか難しいものだ。

山村の風景とともに337M 古間・黒姫間
IMG_2895_20180807180522658.jpg

 この後は古間集落内の踏切脇でもう1本を待ったのだが、私はハナから写さなかった。もう16時近いので、少し名残惜しそうなやつるぎ君には悪いが、これにて終了ということにする。私としてはこんな時間になるとは思わず、志賀高原や渋峠を走って帰れるという計算は外れた。もう温泉に入って帰るのが限界だろう。

 温泉は高社山(高井富士)中腹の夜間瀬温泉に(勝手に)決め、古間から北信五岳道路を下った。立ケ花橋で千曲川を渡り、中野市街をかすめる。
 長野電鉄線の列車が来る頃合いであったので、途中で夜間瀬川橋梁に立ち寄った。なんともタイミングが良く、橋の袂の信濃竹原駅で行違う特急列車と普通列車を相次いで押さえることができた。

高社山を背景に特急「ゆけむり」
IMG_2897_201808071805236f6.jpg

側面の逆光を覚悟の上で、夏らしい空を大きく取り入れてみた
IMG_2898.jpg

 目的の温泉は空いていて、のんびりと湯に浸かりながら善光寺平の夕景を眺めることができた。以前に宿泊したことがあるのだが、その時は夜の入浴だった。

駐車場からも眺望は上々
IMG_2899_20180807180526b73.jpg

湯上りには夕方の色が深まる
IMG_2902_2018080718052815c.jpg

夕暮れに信州五岳のうち4つ(飯綱山・戸隠山・黒姫山・妙高山・斑尾山)が勢ぞろい
IMG_2908.jpg

 扇状地を下り、信州中野ICから上信越道に入った。最後に姨捨に寄っていこうという話しになったのだが、案内標識で姨捨SICは長野側からでは出られないということが判明した。更埴ICから往復するのも手間なので、今回は止めにする。きょうは諦めてばかりだ。
 そのまま上信越道を辿り、東部湯の丸SAで休憩。ソフトクリームをおごってもらう。
 
長門牧場のソフトクリーム
38768529_1672491222879582_1955118904695062528_n.jpg


 陽は落ち、前方に満月が昇った。藤岡PAで休憩、三芳PAで夕食。いつの間にか22時近いことに驚く。

三芳PAではラーメンの夕食
38632579_1672491192879585_5063096019063930880_n.jpg

 練馬ICを流出し、環八経由で国道246号。環八は高井戸附近で工事のため大渋滞していた。昼間は交通集中、夜は工事によって一日中渋滞しているように感じる。
 川崎市内でやつるぎ君を降ろし、中原街道経由で帰途に就いた。

 走行距離は649.1キロ、平均燃費は22.6キロ(満タン法)であった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sagaminomen.blog.fc2.com/tb.php/787-66372b59

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さがみぃ

Author:さがみぃ
相州生まれの相州育ちです。
このブログと筆者については,水先案内からご覧いただけます。

トップページ

【PC推奨】行先別INDEX

アクセスカウンター

(平成24年8月22日設置)

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる