FC2ブログ

Entries

北へのフライト (雨降り・夏の北海道2018・1)

旅行日:平成30年7月2~5日①
 夏の北海道旅行も今年で9回目を迎えた。「蒸し暑い梅雨の関東を脱出する」をテーマに、このところは7月初旬が定例化している。
 今年は7月の第一週目に休みを取り、航空券も確保した。が、6月末に早くも関東・甲信越地方が梅雨明けしてしまった。梅雨前線は北上し、北海道附近に停滞。私が渡道する四日間はすべて雨の予報が並んだ。


 旅立ちは羽田空港7:45発、ADO71便の釧路ゆき。4月末に予約したところ、約14,000円だった。新千歳空港以外に飛ぶのは久しぶりだ。今回は一人旅なので、クルマで長距離を移動する訳にもいかないし、その時間がもったいない気がした。

 5時半に家を出たときは爽やかだったが、京急蒲田で乗り換えるときにはもう暑かった。こちらの天気の良さが憎らしい。
 第二ターミナルは混雑していた。エアドゥの利用は初めてで、一番奥の55番搭乗口から搭乗。

このフライトの機材。羽田空港では小さく見える
IMG_2448.jpg

 出発ラッシュ時ではあるが、順調に滑走路に移動し、8時を待たずにテイクオフ。C滑走路から南へと飛び立ったので、東京湾上で大きく旋回した。西方には富士山も見えている。

機体を大きく傾いで旋回する洋上
IMG_2450_20180703221505dfd.jpg

富士山とウイングレットのベアドゥ
IMG_2456.jpg

ゲートブリッジと都心方面を見渡す
IMG_2457_20180703221508d96.jpg

荒川と旧江戸川に挟まれた江戸川区
IMG_2459_201807032215100c8.jpg

蛇行した水部に沿った水元公園
IMG_2461_20180703221511e5f.jpg

 梅雨明け直後ということもあり、関東地方上空は気持ちよく晴れている。唯一、那須岳だけは雲がかかっていた。

男体山と中禅寺湖と今市市街
IMG_2465_201807032240190f2.jpg

白い河床がよく目立つ那須野の蛇尾川
IMG_2466_201807032240215c4.jpg

 東北地方も晴れているようだったが、やや雲量が増えた。全体的な傾向から言うと、平野部はすっきりと見えるのに、名立たる山岳にはことごとく雲が覆っていた。磐梯山、飯豊山、安達太良山、蔵王山、月山、栗駒山、鳥海山とすべて見えないのは逆にすごいのではないか…。
 新千歳空港に向かう場合は東北地方を縦貫するが、奥州市上空付近で北東に転針し、北上山地を横切り、久慈市上空で太平洋上に抜けた。

眼下に猪苗代湖
IMG_2468.jpg

非常に規模の大きな胆沢川扇状地
IMG_2470_20180703224024feb.jpg

眼下に久慈市、奥には小川原湖が見える
IMG_2473.jpg

 洋上は雲が厚く立ち込めていた。見るものがないので、着陸態勢に入るまではのんびり過ごす。隣りの客は落ち着かないヤツだと思っているに違いない。
 雲に沈みこむように下降すると、襟裳岬から続く海岸線が見えてきた。

十勝平野の東辺、浦幌町のあたり?
IMG_2475_20180703224027e46.jpg

 ほぼ定刻の到着となり、預け入れ荷物を受け取る。なかなか出てこなくて出遅れてしまったが、送迎車でレンタカー営業所へ移動。屋外は涼しくなく、むしろ蒸し暑く感じるくらいだ。
 手続きを終え、あてがわれたクルマは5月末に納車されたばかりの白色の日産ノート。走行距離はまだ3,000キロだ。これに乗り込み、いよいよ今年も北海道の旅が始まる。

次の記事 釧路空港→ツルセンター→双湖台・双岳台→阿寒湖→
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sagaminomen.blog.fc2.com/tb.php/775-db728245

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さがみぃ

Author:さがみぃ
相州生まれの相州育ちです。
このブログと筆者については,水先案内からご覧いただけます。

トップページ

【PC推奨】行先別INDEX

アクセスカウンター

(平成24年8月22日設置)

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる