FC2ブログ

Entries

【願掛け】みなみ信濃ドライブ(前) 高ボッチ山~杖突峠~高遠

旅行日:平成30年6月12日①
 今回はでーひらさんと久しぶりのドライブ企画。
 彼は「今年中に彼女ができたら、君を東京から大宮まで新幹線のグランクラスに乗せてあげるよ」と言い出すくらいの絶望状態にあり、パワースポットととして有名になった長野県の分杭峠に行きたいと言ったのが、今回の企画の始まりだ。
 分杭峠に恋愛成就のようなご利益があるのかは私には分からないが、諏訪市から大鹿村にかけてのエリアはまだ足を踏み入れたことがない。双方の目的に隔たりがなくもないが、呉越同舟、休みを合わせて行くことにしたのだった。


 5時半に出発し、本厚木駅前ででーひらさんをピックアップ。昨夜は仕事終わりに小田急ロマンスカーに乗り、カプセルホテルに泊まったそうだ。以前ならば相模原市内のアパートに迎えに行けば良かったのだが、転職を機に都内東部の実家に戻っている。
 厚木南ICから1月に開通したばかりの新東名に入り、海老名南JCTから圏央道を北上。今回はネクスコ東日本・中日本の「2018信州めぐりフリーパス」(普通車二日間用8,500円)を使うため、高速料金は気にしなくていい。
 きのうは雨が降っていたため、山間は湿っぽい景色だ。
 中央道に移り、談合坂SAで朝食。郡内は霧が濃く、肌寒い。

伝説のすた丼屋の朝メニュー
IMG_2178.jpg

 笹子トンネルを抜けると突然の青空。その変化に驚くが、雲が多くて山々は見えない。境川PAでのコーヒーを買うために降りると、談合坂とは打って変わって蒸し暑かった。
 分杭峠へのアクセスが良いのは諏訪ICか伊那ICだが、その前に行きたいところがある。長野道に入ってみどり湖PAでトイレ休憩のち、塩尻北ICで流出。でーひらさんが「崖っぷち温泉」と言う崖の湯温泉を経て、高ボッチ高原へ登る。以前に下ったことのあるルートだったが、こんなに狭かっただろうか。

 稜線に出て、広い駐車場のある展望台へ。北アルプスはまったく見えないが、雲が低いため空がうんと近くに感じられた。

参考記事 新緑信濃路ドライブ(2) 雲上,高ボッチ山 (平成28年5月12日の訪問)

低い雲が立ち込めた松本平を見下ろす
IMG_2179_20180614192326b54.jpg

尾根の東側は黒い雲。植生に乏しく風傾樹が点在
IMG_2181.jpg

 叢の中に続く道を辿り、標高1,665メートルの高ボッチ山山頂へ。
 ここは何とかというアニメ△の聖地になったらしく、聖地巡礼をしたいでーひらさんと再訪したかった私の利害が一致した恰好だ。

 山頂に立つと眼下に諏訪湖が展開し、諏訪盆地と伊那谷を一望にする。いたく感動したでーひらさんは「連れて来てくれてありがとう」と言ったが、正直なところそんな素直な感想を伝えられると気持ち悪いなと思ってしまった。
 なんでも、そのアニメでは「霧で何も見えない」というオチだったらしく、こんなに好展望地であることを彼は知らなかった。なんだそれ…;
 てっきり、景色が素晴らしそうだから来たかったのだと考えていた。

高ボッチ山山頂付近から諏訪湖を俯瞰
IMG_2188.jpg

レンゲツツジを前景に
IMG_2185.jpg

雲間からスポットライトのような陽が射した
IMG_2191_20180614192332566.jpg

 初めは薄陽が射していたが、東側から雲が流れてきた。霧が道を横切り、にわかに雨が降り出す。
 天気が良ければ鉢伏山にも行ってみたかったが、岡谷方面に下ることにする。

駐車場はすっかり雲の中に入った (上から2枚目の写真と同じ場所で撮影)
IMG_2197_20180615072727c0b.jpg

山頂から少し下ってきたところにて
IMG_2201_2018061507272905b.jpg

高ボッチ山山頂を望む。さまざまな緑色と朱色
IMG_2200.jpg

 国道20号まで下り、塩尻峠を越える。ここからの諏訪湖も見事なものだが、高ボッチ山のあとだと視点が低い分広がりに欠けて見えてしまう。
 高速道路乗り放題を活用して、岡谷ICから諏訪ICまで高速を使う。インターを出るときに少し道を間違えたが、国道152号で杖突峠へ。カーブが続く急坂が続く険しい道だ。
 峠の手前にドライブインが何軒か集まっていて、ここからの眺望が良い。諏訪湖は少し遠いが、茅野、上諏訪の街や八ケ岳山麓が望まれる。

諏訪盆地東部と諏訪湖の眺望
IMG_2204.jpg

雲が覆う八ケ岳の山麓
IMG_2202_20180615072730d33.jpg

 標高約1,230メートルの杖突峠を越えると、緩やかな下りになる。南北で随分表情の異なる峠だ。
 藤沢川の谷間に水田地帯が広がり、集落が点在するのどかな景色が続く。ソバの白い花が咲いている。伊那地方は晴天で、高さのある雲が浮かんでいる。気温も25度を超えて暑い。イネの背の高さを除けば夏のようだ。

 12時を回ったので、高遠の街に入ったところで昼食の場所を吟味。
 でーひらさんが調べてくれた、中心部にある「入野屋」という蕎麦屋に入った。高遠そばは辛味大根おろしに焼味噌を溶いてつゆにするのが特徴だが、私は辛味大根がニガテなのでもりそばにした。特産のキノコが入った炊き込みご飯をつけても900円で、蕎麦の盛りもしっかりしていた。

昼食は高遠で蕎麦
IMG_2205_20180615072733ad3.jpg

 店を出たあと、でーひらさんが「そういえば俺の蕎麦の先生が高遠そばは旨いって言ってたわ」。彼が蕎麦の先生に師事していたとは知らなかったし、作務衣を着た気難しいおっさんと蕎麦打ちをする様子を想像して笑ってしまった。

次の記事 【願掛け】みなみ信濃ドライブ(後) 高遠~分杭峠~大鹿村~しらびそ峠~飯田
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sagaminomen.blog.fc2.com/tb.php/766-f3daec92

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さがみぃ

Author:さがみぃ
相州生まれの相州育ちです。
このブログと筆者については,水先案内からご覧いただけます。

トップページ

【PC推奨】行先別INDEX

アクセスカウンター

(平成24年8月22日設置)

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる