FC2ブログ

Entries

あべのハルカスにのぼる (青春18きっぷでめぐる冬の関西5)

旅行日:平成29年12月(18~)19・20日⑤
最初の記事 和田岬線沿線を歩く
前の記事 姫路城下町散策と黄昏の天守
 冬の関西、第二日目。朝7時過ぎにに環状線大正駅前のホテルを発つ。
 まずは歩いて木津川に架かる大浪橋に立つ。低地を流れる川なので、太鼓橋のようになっている。
 少し上流には環状線が通っているが、河川に対して斜めに架かっているため、トラス橋の構造が変わっている。強度を増すために斜材を「X」字型に入れたダブルワーレントラスで、しかも左右が半分ずつずれている。それに、端部が垂直になっているトラス橋は珍しい。
 この区間の環状線が開通したのは昭和36年のことであるが、遡ること33年、昭和3年に大阪港に到る関西線の貨物支線として開通している。貨物線時代は単線供用であったが、主要構造物は複線分が用意されていた。

環状線木津川橋梁を渡る新型電車
IMG_9319_2018011123184272c.jpg

 次の芦原橋駅で18きっぷに入鋏印を捺してもらい、3回目(1回目は諏訪盆地方面、2回目はこの前日)がスタート。
 とりあえず新今宮でJR大和路線に乗り換えてどこかで朝食でもと思っていたのだが、これぞと思う駅が見つからなかった。久宝寺まで往復して終わる。

 8時半過ぎに天王寺駅の改札を出て、向かうのはあべのハルカスの展望台「ハルカス300」。今回の旅では天気が良ければ昇ろうと決めていた。
 混雑を見越して開館10分前に16階フロアの受付に並んだものの、私が一番乗りであった。大人1,500円のチケットを購入し、エレベーターの前で時刻を待つ。
ハルカス300に一番乗り
IMG_9322.jpg

 係りの方に恭しく迎えられ、最初のエレベーターに乗り込んだのは3人だけ。ちょっと拍子抜けだ。
 エレベーターは上部がガラス張りになっており、滑走路をモチーフにした光が点じる。あっという間に地上288メートルの60階に到達する。
 展望フロアは58~60階が充てられており、60階がメインともいえる天上回廊だ。西側から窓辺を回っていく。

大阪港と六甲山地
IMG_9347.jpg

天王寺動物園に落ちるハルカスの影
IMG_9328.jpg

中央が谷町筋。左に天王寺動物園、右に四天王寺
IMG_9324.jpg

天王寺駅に出入りする環状線と阪和線電車
IMG_9334.jpg

大阪平野の奥は屏風のような生駒山地。生駒山は左の高み
IMG_9333.jpg

大阪平野南部。手前の宏大な敷地は瓜破霊園
IMG_9339.jpg

阪神高速と南海電車に挟まれた低層建築の密集地
IMG_9344.jpg

 標準レンズで撮影しながら一周すると、今度は望遠レンズでもう一周。少しずつ客が増えてきた。

天上回廊はまさに回廊の造りで、中央部は吹き抜け
IMG_9341.jpg

ビルに埋もれた通天閣
IMG_9354.jpg

天王寺動物園。中央にキリンが2頭見える
IMG_9353.jpg

短距離支線である阪神高速西大阪線
IMG_9352.jpg

赤い塗装のゲルバートラス橋の港大橋はよく目立つ
IMG_9371.jpg

万博記念公園を遠望。太陽の塔が超小さく見える
IMG_9364.jpg

四天王寺
IMG_9362.jpg

大阪城公園
IMG_9359.jpg

上町台地の西側は寺町のため、帯状に高い建物がない
IMG_9361.jpg

高層ビルが林立する梅田駅方面
IMG_9358.jpg

58階はカフェスペース
IMG_9379.jpg

 1時間以上も滞在し、回廊を3周もしてしまった。
 エレベーターを乗り継いで地上に下りた後は、阿倍野筋を南に歩き、あべのハルカスの全景を撮れるところまで離れた。さすがに高い。

阿倍野筋から見上げるあべのハルカス
IMG_9381.jpg

 朝食兼昼食を摂り、天王寺駅に戻ると改札周りがバタバタしている。案内板を見るとJR大和路線の志紀駅で線路内人立入が発生し、運転見合わせ。奈良から京都へ抜けようと思っていたのだが…。
 間もなく振替輸送が始まるはずという駅員の言を信じ、とりあえず環状線で鶴橋へ移動。絶妙なタイミングで振替輸送が始まり、近鉄線の乗り換え改札で振替乗車票をもらった。振替輸送の依頼側が配る関東とは異なり、受託側が配るのが関西方式。鉄道会社ごとに回収されるので、取りこぼしが少ないのだろう。

 ホームに降りると丁度11:30発の快速急行近鉄奈良ゆきが出るところであった。すぐに発車し、大阪線の急行五十鈴川ゆきとぴったり並んだ。奈良線は東大阪市の瓢箪山まで一直線に大阪平野を貫き、そこで大きくカーブすると今度は生駒山地への登りにかかる。みるみるうちに大阪平野が下方に展開した。JR大和路線の亀ケ瀬あたりの陰気な峡谷風景も好きだが、この底抜けに明るい景色もまた良い。途中下車したくなるくらいだが、振替輸送中であるし、快速急行は奈良県に入った生駒までノンストップだった。
 平城宮の跡を横切って地下に潜り、12:02に近鉄奈良に着いた。

近鉄奈良駅に到着
IMG_9387.jpg

次の記事 宇治神社と宇治上神社に参詣する
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sagaminomen.blog.fc2.com/tb.php/759-28c98279

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さがみぃ

Author:さがみぃ
相州生まれの相州育ちです。
このブログと筆者については,水先案内からご覧いただけます。

トップページ

【PC推奨】行先別INDEX

アクセスカウンター

(平成24年8月22日設置)

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる