FC2ブログ

Entries

【桃花】春の山梨県ドライブ(前) モモの花咲く新府桃源郷

旅行日:平成30年4月10日①
 この日はかねてから行きたいと思っていた山梨県韮崎市の新府桃源郷へ。
 “桃源郷”と云っても、もちろん俗世を離れた理想の地という本来の意味ではなく、モモの果樹園が広がることに引っ掛けた言葉遊びである。しかしながら、残雪の山々を背景に桃色の花が咲く様は人を惹きつける。

 5:35に出発し、国道412号経由で相模湖ICまで約1時間。中央道を快走し、笹子トンネルを抜ける。盆地のうしろに屏風のように鳳凰三山、南アルプスが連なっているのがくっきりと見え、まずは一安心だ。
 甲府昭和ICを流出したのが8時過ぎで、国道20号は渋滞気味。韮崎から七里岩ラインに入るが、登りにかかるところも詰まっていた。大きな工場があるためだが、みんなモモの花を見にくのではないかと少し不安になる。コンビニで朝食を買い、清々しい緑を見ながら韮崎中央公園で食べる。

公園から見上げる鳳凰三山
IMG_1268_20180418044257675.jpg

園内には中央線で使用された電気機関車を保存。貨車とともに列車になっているが、色褪せ気味
IMG_1270_20180418044258bd9.jpg

 前述の工場を過ぎると車通りも激減し、武田勝頼の新府城址の小山の下をかすめる。右手に30台ほどの駐車場があったので、そこに停める。平日の朝だというのに、もう結構カツカツだ。
 周囲には果樹園が広がり、サクラよりもずっと濃い色のモモの花が真っ盛りだ。まずは県道の南側の農道に分け入る。
 この辺りから望む鳳凰三山は左から薬師ケ岳、観音ケ岳、少し開いて地蔵ケ岳で、観音ケ岳と地蔵ケ岳の間に赤抜沢ノ頭が見える。

モモの樹と残雪の鳳凰三山
IMG_1272_20180418044300a65.jpg

萌える若葉も加わって色とりどり
IMG_1277.jpg

真っ青な空を大きく取り入れて
IMG_1281_20180418044303ce0.jpg

 農家の方々はモモの樹の手入れに余念がなく、大音量でラジオを流している。
 写真を撮りに来ている人にも時々出会う。果樹園の中に踏み込んでいる人もいるが、農家の方が気にしている風でもなかった。私は一応自重しておく。

モモにヤマザクラに観音ケ岳、薬師ケ岳
IMG_1285.jpg

単焦点レンズで絞って撮影
IMG_1292_20180418045604855.jpg

畔のタンポポの黄色を添えて
IMG_1303_20180418045605388.jpg

北側には茅ケ岳を望む
IMG_1307.jpg

甲斐駒ケ岳の尖った頂上が現れた (右端)
IMG_1311.jpg

 七里岩ラインの東側に移動し、中央線のトンネルの上を過ぎる。目印になる山が多いからよいものの、細い道が入り組んでいて迷いそうだ。
 菜の花やタンポポも花を咲かせ、風景に色を添える。養蜂が行われているらしく、菜の花畑ではミツバチが飛び交っていた。小さいヤツらだが、これだけ蝟集するとブンブンブンブンと結構な音になる。

菜の花と甲斐駒ケ岳
IMG_1325.jpg

タンポポの群生を見つけた
IMG_1333_20180418045611372.jpg

 穴山駅裏の小山がずれると、八ケ岳も姿を見せた。山梨県を代表する山々が揃い踏みだ。
 白い花をつけた樹はヤマナシだと思う。ナシの野生種なので、実は成るが美味しくはないらしい。山梨県の県名とは関係ないが、韮崎市の隣の北杜市は「山梨県北部」ということでヤマナシを意味する「杜」の字を使っている。

八ケ岳も姿を現した
IMG_1344_20180419191322f9e.jpg

ヤマナシの白い花を前景にして
IMG_1347_20180419191324687.jpg

果樹園にたたずむホオジロ
IMG_1355_201804181403581ed.jpg

花の白と桃色が青空に映える
IMG_1360_20180418140359551.jpg

 農道は高々とした橋で中央線の深い掘割を跨いだ。貨物列車が苦しそうに登ってくる。韮崎から小淵沢にかけては急勾配が連続する難所で、かつてはスイッチバック駅が4つ連続していた。

 南東側は甲府盆地なので、地形的には開けていて、富士山も望まれる。ただ、午前中は逆光なのできれいには見えない。
 モモの摘花を行っている光景も見られた。モモの栽培は蕾を落としたり、花を落としたり、実を落としたりして、選ばれた果実に栄養を集中させる。樹にたくさんの花がついていても、収穫までいくのはごく一部に過ぎないそうだ。

逆光に霞む富士山
IMG_1367.jpg

 坂を下って行くと、築堤になっている線路際にカメラを構えた人が何人もいる。近づいてみると、甲斐駒ケ岳を背景に上り列車を撮影できるようだ。折角なので、後ろの方に加えてもらった。
 
甲斐駒ケ岳を背景に山を下りてきた石油貨物列車
IMG_1380_20180418140401867.jpg

新型「スーパーあずさ」は縦構図で
IMG_1393_20180418140402bfc.jpg

 ふと見ると、向こうの丘にはこことは比較にならないくらいのカメラマンが並んでいるのが遠望された。
 行ってみると、なるほど前景に桃畑、背景に八ケ岳を入れられる名撮影地であった。

山を登る普通列車を広角で撮影
IMG_1402_20180418140404aaa.jpg

「あずさ」の白い車体は風景に程よく馴染む
IMG_1415_20180418140405118.jpg

 さんざん歩き回ったので、クルマに戻った時には13時を回っていた。最後の1時間は列車待ちだったとはいえ、4時間も桃畑の中を逍遥していたことになる。少しまくっていた袖口の腕が赤い。

次の記事 【桜花】春の山梨県ドライブ(後) 神田の大糸桜、眞原桜並木
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sagaminomen.blog.fc2.com/tb.php/724-b0311920

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さがみぃ

Author:さがみぃ
相州生まれの相州育ちです。
このブログと筆者については,水先案内からご覧いただけます。

トップページ

【PC推奨】行先別INDEX

アクセスカウンター

(平成24年8月22日設置)

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる