Entries

実りの季節の北関東ドライブ(前) 赤城山麓から足尾へ

旅行日:平成29年9月15日①
 9月も中旬に入り,だいぶ秋めいてきた。今年は昨年ほど残暑も厳しくないようで,なおさら秋の訪れを感じる。実りの風景と私の好きな簗場を求めて,北関東を目指した。

 今回も5:35出発で,7:10に入間ICから圏央道。なぜもっと近くから使わないのかというと,例えば相模原愛川ICから利用するとして得られる40分の短縮に約1,200円の投資を要するからだ。線形の悪い国道20号山岳部に対する中央道や,バイパスのない神奈川県西部の国道246号に対する東名ならば,費用対効果が大きい。
 寄居PAで休憩し,本庄児玉ICで流出。伊勢崎方面に向かうが,8時頃だったので坂東大橋などが渋滞していた。

寄居PAには仔猫が…
IMG_7369_2017091811481823c.jpg

 伊勢崎,大胡を過ぎると道路の混雑も解消。どっしりとした赤城山が近づく。。神奈川県内ではパラリと雨が降ったが,群馬県はすっきり晴れている。実りの季節で,田の畔にはヒガンバナが鮮やかな赤い花をつけている。

火山麓の段々になった田んぼ
IMG_7370_20170918114817b17.jpg

黄金色のイネとともに秋を彩るヒガンバナ
IMG_7372_20170918114817d0e.jpg

IMG_7377_20170918114817781.jpg

 赤城山が近づくと勾配が増し,田んぼも棚田状になってゆく。前橋市の粕川町室沢というところだ。山間に室沢新池という溜池があり,田畑を潤している。

赤城山を背景にした緩やかな段差の棚田
IMG_7378_20170918114816172.jpg

 国道353号でみどり市の大間々に出て,遅めの朝食。ここからは渡良瀬川沿いに国道122号を足尾に向かった。
 足尾にはこれまでに3回ほど来たことがあったが,古河橋の奥まで足を延ばすのは今回が初めて。

日本では現存最古とされる道路橋の古河橋
IMG_7384_20170918214227a92.jpg

川の水は清らかに見えるが,山肌は植生に乏しい
IMG_7386_20170918214226349.jpg

銅の採掘を行っていた備前楯山
IMG_7389_20170918214225f30.jpg

 廃村に近い愛宕下が渡良瀬川最奥の集落で,その先には巨大な砂防ダムが構えている。昭和35年に造られた足尾ダムだ。
 渡良瀬川では上流が禿山になって,土壌の保持力が低下したため,下流に流れ下る土砂の量が増加した。大間々扇状地付近での天井川化が進み,鉱毒の被害が広がる原因となったため,この砂防ダムが建設された。
 精錬事業の終了からは28年が経過しているが,未だに植生の恢復に至っていない。

 足尾ダムは三沢合流ダムとも呼ばれており,本流の松木川に,仁田元川,久蔵川が合流して渡良瀬川が始まる。それぞれの川の上流には松木・久蔵・仁田元の3大字があったが,いずれも明治後期に廃村になった。銅山が排するガスによって,生業の場である山の木々が失われたためだという。
 砂防ダム周辺は公園として整備されており,意外と多くのクルマが停まっていた。

幾重にも段になった足尾砂防ダム
IMG_7391_20170918214225946.jpg

公園内の橋からは砂防ダムが間近に見られた
IMG_7396_201709182203245c1.jpg

土砂の溜まった砂防ダム内
IMG_7399_20170918220324569.jpg

 戻りしなにわたらせ渓谷鉄道の間藤駅前を通ると,丁度列車が出るところであった。
 渡良瀬川に架かる第一松木川橋梁で待ち構えて撮影。石積みの橋台の上に架設されたトレッスル橋という珍しい形態の橋は,大正3年(1914)の開通である。土木学会のデータベースによると,東北線北部区間からの移設と考えられているとのこと。
 もとの構造を最大限利用するために必要な高さまで石を積んだのだろうか。

第一松木川橋梁を渡るわたらせ渓谷鉄道の列車
IMG_7403_2017091822032371c.jpg

 日足峠を長いトンネルでくぐり抜け,日光市の清滝へ。足尾町も今や日光市内であるので,長いトンネルも市内の移動なのであった。

次の記事 実りの季節の北関東ドライブ(後) 日光裏見滝,氏家の簗場
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sagaminomen.blog.fc2.com/tb.php/633-805e05ab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さがみぃ

Author:さがみぃ
相州生まれの相州育ちです。
このブログと筆者については,水先案内からご覧いただけます。

トップページ

【PC推奨】行先別INDEX

アクセスカウンター

(平成24年8月22日設置)

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる