FC2ブログ

Entries

青春18きっぷでミニトリップ―ぐるり房総途中下車(前) 大網,上総一ノ宮

旅行日:平成27年3月11日①
 今年も青春18きっぷのシーズンがやってきました。夏の暑さを辟易し,年末年始の仕事が極端に忙しくなる私にとって,18きっぷが使えるのは春だけなのです。
 一回目の目的地に選んだのは房総半島。温暖で春が早そう,という単純な理由からです。


 7時過ぎに横浜駅に着き,18きっぷの一回目に入鋏印を捺してもらいます。今シーズンも始まりました。
 横須賀線ホームの電光掲示板を見上げると,次の7:14発も,その後の7:21発も津田沼ゆき。後で知ったところでは,その後,7:31発も津田沼ゆきでした。これでは千葉にすら行かれません。
 千葉の方から来て東京か品川で折り返す列車もあろうと,一先ず7:14発に乗り込みました。車内で調べてみると,東京駅で11分後に始発の千葉ゆきがあり,予想通り。東京駅のホームの売店で朝食を買い求め,通勤客が降りた車内に乗り込むと,ボックス席を占められました。むしろ始発で御の字でした。

 長い地下線を抜け出し,スカイツリーを見上げながら朝食。きょうは気持ちよく晴れています。
 市川辺りから乗車客が増え,かなりの立ち客がある状態で,8:38に千葉着。
 千葉駅は,総武・成田線と外房・内房線のホームがY字に分かれており,乗り換えに時間が掛かることがあります。間にビルを建てていました。
IMG_4877.jpg

 8:53発の外房線普通列車勝浦ゆきに乗り込みます。2つ目の蘇我で内房線と岐かれると,房総台地を横切ります。鎌取,誉田,土気と駅周辺はマンションなどが立ち並んでいますが,駅間には田園風景が見られました。
 トンネルを抜けて坂を下ると,平野に戻って,大網。まずはここで下車してみます。

■大網
 駅のある大網白里市は前回の国勢調査で人口が5万人を超え,2年前に市になったばかりです。
 東金線との分岐駅で,千葉駅同様にホームがY字に分かれ,二股の線路の間にロータリーが収まっています。
IMG_4878_20150329193321362.jpg

 大網は宿場町として栄えたそうですが,茂原街道も東金街道もこの街を通ってはいませんでした。台地と平野の境界という地形から察するに,周辺の物資の集散地という性格が強かったのではないでしょうか。
 旧市街地は駅から少し離れており,いくつか古そうな建物も見られました。
IMG_4879.jpg IMG_4882_2015041100330631b.jpg

 このレンガ造り風の建物は旧千葉銀行大網支店。現在はバイク店として使用されていますが,大正15年に建てられました。木造建築の前面を飾りたてた看板建築で,大正関東地震からの復興期に流行しました。
IMG_4880.jpg

 なお,大網駅は昭和47年まで旧市街地のすぐ裏手にありました。千葉方面から東金線に入る列車はそのまま進めたものの,茂原・勝浦方面への列車はスイッチバックをする必要があり,運行上のロスが生じていました。現在のY字型の駅は,これを解消するために移転したものです。
 東金線沿いに残るかつての駅の跡は保線基地として名残をとどめていました。
IMG_4884_20150329193320453.jpg

 旧駅でスイッチバックした外房線の列車が渡っていた小川には,レンガ造りの小さな橋台が藪に埋もれかけながらも残っていました。
IMG_4885.jpg

■上総一ノ宮
 大網駅に戻り,9:55発の快速列車で先に進みます。通過する小さな駅の周辺を除いては田園地帯が広がり,大網までとは景色が変わりました。
 終点の上総一ノ宮で先行していた安房鴨川ゆきに追いつきましたが,一宮に惹かれて下車。
IMG_4888_20150410233642b21.jpg

 上総国の一宮である玉前神社までは,駅から歩いて10分も掛からない距離です。街よりも少し高まった場所に位置しています。
IMG_4891_20150410233641000.jpg

 玉前神社の由緒は詳らかではありませんが,平安時代に編纂された「延喜式」には名神大社(特に霊験あらたかとされる神社)として記載され,その頃から重きを置かれていたことが窺われます。
 現在の社殿は貞享4年(1687)に建立されたもので,丁度修理が行われていました。
IMG_4894_20150410233640339.jpg

 祭神は玉依姫命。海からこの地に上がり,姉神の豊玉姫命から託された鵜茅葺不合命を養育したのち,結ばれ,神武天皇を産んだとされます。海洋信仰との結びつきを感じさせ,安産や子育ての神様として信仰されているそうです。
 社殿の内,本殿は修理が完了したようで,真新しい黒塗りの中に見られる装飾が見事でした。
IMG_4895.jpg

 それほど広くない境内では,ウメが小さな花をつけていました。
IMG_4897.jpg

 次の列車までにはまだ時間があるので,一宮の街も散策してみます。目抜き通りの国道沿いには新旧の建物が入り混じりますが,重厚な蔵造りのものが特に存在感をみせていました。
IMG_4889.jpg
IMG_4890.jpg

 街の北側を流れる一宮川を渡ると,水田が広がりました。前日の雨のせいでしょうが,早くも水を張っているような風景に出合えました。
IMG_4899.jpg

 また,駅近くのあづま味噌にはなまこ壁の蔵など古そうな建物がチラと見えました。が,部外者は入れないので遠目に眺めるにとどめました。
IMG_4900_20150411004511684.jpg

 1時間ほどの散策ののち,11:15発の安房鴨川ゆきに乗り込みます。
IMG_4901.jpg
次の記事 青春18きっぷでミニトリップ―ぐるり房総途中下車(後) 勝浦,安房鴨川,館山
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sagaminomen.blog.fc2.com/tb.php/389-498ea36b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さがみぃ

Author:さがみぃ
相州生まれの相州育ちです。
このブログと筆者については,水先案内からご覧いただけます。

トップページ

【PC推奨】行先別INDEX

アクセスカウンター

(平成24年8月22日設置)

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる